夫婦共働き家庭で激務などで食事をつくるのがしんどい!作れない時のオススメの食事のとり方

tomobataraki-gekimu-syokuji

夫婦共働き家庭では、専業主婦がいる家庭に比べて、毎日仕事で疲れてヘトヘトで、翌日も仕事となると、食事に気を遣っている場合ではなく、食事がどうしても貧しくなりがちです。

 

しかし!!です。

 

夫婦がお互いに激務でとても料理をしている暇がなかったとしても!

 

日本のほとんどの夫婦が知らない、家庭に導入していない、ベテランの主婦が驚くほどの立派な食卓にする方法があるんです。

この記事を読み終わる頃には、夫婦共働き家庭における栄養をしっかりとれる食事の準備の工夫・コツを覚えることができ、夫婦ともに心に余裕ができて、夫婦関係さらには親子関係が今以上に良くなりますよ。

 

「結局、どうすればいいの?早く、答えを教えて!」という方は、コチラをクリック(スマホの場合はタップ)していただけると、苦しい現状を乗り越えられるあなたにピッタリのオススメの解決策を今すぐに手に入れることができます。

syokujitakuhai-osusume

 

夫婦共働き家庭では、なぜ夕飯の準備がしんどいのか?

夫婦共働き家庭において、毎日欠かさずに用意するのはしんどいですよね。

 

では、なぜ、夫婦共働き家庭では、食事の準備が面倒なのか。

 

まずはこれを理解し、現在地を確認しましょう。

そうすることで、「では次にどこに向かえばいいか」、目的地までの方向がわかり、解決策を見つける糸口になります。

 

今、自分がどこにいるのかがわからなければ、目的地はどこで、どこに向かえばいいのかがわからないし、向かうための手段も決まりません。

ですから、まず現在地を確認することが必要なのです。

 

①平日、日中は働いていて、食事の準備をする時間がないから

夫婦共働き家庭における食事の準備がしんどい理由の1つ目は、平日は仕事で忙しいからです。

 

夫婦お互いに、正社員で働いている夫婦共働き家庭における食事は、どうしても仕事帰りの疲労困憊で何とかお皿を並べるぐらいが限界になってしまいます。

たとえ、夫婦共働きの夫婦どちらかがフルタイム労働ではないという場合でも、仮に立ち仕事であったとすれば、連日の勤務で「足がパンパン」という状態も考えられます。

結果的にはやはり、食事の準備で動くとなると、身体は重いはずです。

 

いずれにせよ、夫婦共働きで、なおかつ激務で残業たっぷりのままでは、手間のかかる食事の用意なんて、とうてい無理なんですよね。

 

このような場合、夫婦間で、できるだけ家事を分担するのが望ましくても、結局は夫婦のどちらかに負担がかかるのがオチになります。

「夫婦共働きなのに、なぜ自分だけが食事の用意をするのか?」と不満を持ったままでは、食事をするたびに、ストレスがたまる一方です。

夫婦関係も悪化してしまいますね。。

 

②新しい献立を試すのが怖くなるから

今現在、夫婦仲が良好でも、「新しい献立を作ってみて、失敗して不機嫌な顔をされたらどうしよう・・・」と不安になったりしたことはありませんか?

 

自分の料理に関するレパートリーが狭いことは、夫婦共働きの食事で悩みやすい部分です。

いつも作っている得意料理なら問題ないけれども、「家族に同じメニューばかり食べさせるわけにはいかない」と遠慮しがちになってしまうんですね。

 

夫婦共働きで夕飯を作れないくらいの忙しさになったら、レシピや料理本を片手に試行錯誤をしている暇もありません。

 

たとえ、何とか時間を捻出して、新しい献立にチャレンジできても、万が一失敗したら微妙な味の料理を家族全員で食べる未来が待っています。

そのリスクを恐れて、夫婦共働き家庭では、「うかつに夕飯作れないな・・・」と精神的に追い込まれる事例はあるあるです。

 

③家族を納得させる味にできないから

なぜ、夫婦共働きの食事がストレスになるのか、3つ目の理由ですが、家族全員に認めてもらえる味が分かりにくいからです。

 

単純な味付けのカレーですら、幼児は甘口を好み、大人は辛口を選ぶ傾向にあります。

しばらくは頑張っていたものの、家族からの不評によって、食事を作りたくない気持ちに陥ることが、典型的な失敗パターン。

 

毎日仕事に追われる夫婦共働きの状態で味噌汁を作ったのに、「もっと出汁を効かせて」と言われたら、どうでしょう。

イラっとしますよね。。。

 

大人のパートナーについては好みの味が決まっているので、結婚後に修正するのは困難です。。

子供と違って相手を説得できないため、妥協点としてレトルトや冷凍品、スーパーで買ってきた惣菜でごまかす日々になってしまいがちなんですよね。

 

他の夫婦共働き家庭で実践されている夕飯を作る工夫

ここまでのお話で、「なぜ、夫婦共働き家庭で夕飯をつくるのがしんどいのか」、現在地を確認することで、問題点があぶり出されましたね。

きっと、現状の問題点を再認識した方も多いのではないかと思います。

 

ここから先は、夫婦共働きで食事の準備をするのがしんどい現状をどうやって打破していくのか、具体的な解決策を模索していきます。

 

ところで、このような場合、よその夫婦共働き家庭はどうしているのでしょうか。気になりますよね?

よくある夫婦共働き家庭における食事の準備方法の工夫・コツを以下で紹介しますので、ぜひ今後の生活に活かしてみてください。

 

あくまで自分で料理をする際にできる工夫3選

自炊で夕飯を準備することを選択する場合には、いつ作るのかが問題になります。

家族のために愛情を込めてこだわれる反面、お肉や野菜、魚といった食材の調達からスタートするので、時間との勝負です。

 

そこで、一般的な家庭でどのような工夫がされているのか、3つご紹介します。

 

時短料理

同じ手順であっても、調理の時間を短縮するテクニックがあります。

夫婦共働きの夕飯では圧力鍋が大活躍で、特に煮込み料理では通常の三分の一ぐらいに時間を短縮できます。

定番のカレーやシチューの他に、イワシなどの魚の骨までの煮込み、扱いにくいスジ肉やブロック肉も柔らかくすることができます。

 

「圧力鍋は内部が高圧になるから、事故が怖い」

未経験の人に多い意見がコレですが、現在の圧力鍋は正しく扱えば事故にはなりえません。使わないのはもったいないですよ。

なにせ、数時間の煮込みが、たったの1時間以下に収まるんですから。

 

しかし、デメリットもあります。

デメリットは、平均5万円はする圧力鍋の購入代金と、1年に1回ぐらいのパッキン等の部品交換、メンテナンス費用です。

また同じメニューになりやすいことも悩みどころで、便利だけれども万能というほどではありません。

 

隙間時間を活用

これまで何もしていなかった隙間時間を利用して、次の夕飯を段階的に用意するのも正攻法です。

夕飯を仕事帰りの帰宅後に作るのが無理ということで、その日の夕飯を朝、出勤前に作るなどで解決している家庭もあります。

 

こうするメリットは、夕飯をいつ作るのかで悩みにくいことで、とにかく手が空いた時に手早く用意しておいた分だけ楽になります。

料理の手間を減らす工夫としては、食材と一緒に炊き込むチキンライスや、炊飯器を密閉した鍋に見立てて半自動で作る鶏ムネの甘辛煮などが定番です。

 

しかし、隙間時間でセットできる料理しか選べないことがデメリットで、ふと我に返ると「立食パーティーの軽食や、一人暮らしの男子大学生の食事みたい・・・」といったように、頭を抱えてしまうこともしばしばあるのが難点です。

 

一気に大量調理

夕飯を何時に作るのかと悩んだ際の1つの回答が、夕飯の作り置きです。

前日に限定する必要はないので、時間がある休日に1週間分をまとめて作っておきましょう。これなら、集中して作らなければいけない揚げ物や、下拵えから丁寧に仕込むメニューも作れますよ。

 

主なメリットは、メニューの幅が一気に広がることですね。

急いで動かなければいけない朝にバタバタしなくても良い上に、同じ料理を大量に作るから効率にも優れています。

 

一方、デメリットは、買い物から調理までの工程で休日がほぼ潰れることです。

また、大量に作れて、冷凍保存しても味が変わらないメニューに限定されるので、揚げたての唐揚げなどを食べることは、ほぼ不可能になります。

同じ料理を食べ続けることになるのも、やがて飽きがきますから、気になるところです。

 

自炊するのではなく、完成品を購入する工夫

どうしても食事の準備が面倒な時には、完成品を買うことが手っ取り早い工夫です。

ただひとえに「完成品を買う」といっても、手段は様々です。

「完成品に頼る」選択は、夫婦共働き家庭における食生活の工夫やコツを考えるうえで避けては通れない道のため、そのメリット・デメリットをしっかり理解しておきましょう。

 

外食

夫婦共働きで夕飯の準備をやりたくない状況では、ファミリーレストランなどの外食で解決する家庭も少なくありません。

今は、24時間営業の飲食店も多いですし、家族全員がそれぞれ自分の好みの料理を選ぶことが可能です。チェーン店では半加工品をマニュアルに従って調理しているので、注文から約15分間で出てくるので、すぐに食事にありつけます。

 

このような外食のメリットのほかに、準備と片づけを完全にお任せできること、それから家庭ではちょっと作りにくいメニューも選べます。子どもが喜ぶメニューのおかげで、簡単にご機嫌を取れるメリットも見逃せません。

 

逆に、デメリットは他の方法よりもお金がかかることで、安いメニューでも最低でも1人500円以上となります。濃い味の揚げ物が目立っており、塩分やカロリーの過多、野菜不足になりやすいのがネックです。

 

レトルト・缶詰

テレビCMで派手に宣伝しているレトルト・缶詰は、自宅に常備しておくと、なにかと助かるアイテムです。

「夕飯にレトルトは味気ない」と思っても、その利便性の高さから手放せなくなっている家庭は多いです。さすがに毎日の食卓で並べるのはまずいですが、必要以上に毛嫌いする必要はないでしょう。

 

メリットはお湯を沸かしてから約3分でおかずを用意できることで、缶詰ならば開封するだけで食べられます。長期保存に適したパッケージゆえに、未開封で数ヶ月は棚に置けることも大きなメリットですね。

 

一方、デメリットは安くても1個100円以上という値段面と、ご飯を別で炊くことが必要になる手間ですね。

また、保存のしやすさを重視しているため、大味で飽きやすく、栄養的にもあまり褒められた内容とは言えません。

 

惣菜・弁当

残業が早めに終わった平日の帰りがけや休日の買い物では、ついついスーパーの惣菜・弁当を買ってしまいがちです。

夕飯の時間が遅くなっても、24時間いつでも立ち寄れるコンビニがありますから、コンビニ弁当で食事を済ませるという選択肢もあります。

 

スーパーの惣菜や弁当で揃えると短時間で食事の準備をすることができます。

しかし、お金がかかることの他に、同じ料理を短期間でローテーションしなければいけないこともデメリットです。手が込んでいる料理を置いている高級スーパーや専門店では、外食並みの料金になってしまいます。

 

利用しやすいコンビニの弁当のメリット・デメリットは、スーパーとほぼ同じ。ただし、コンビニの常連になった場合には、あまりの食費の大きさに頭を抱える未来が待っています。

 

冷凍品

忙しい夫婦共働き家庭における食卓で、新たな救世主となっている冷凍品は近年、良いイメージが強くなっています。

しかし、平均5~10分間で簡単に作れて、しかも美味しいというメリットに対して、高カロリーでかつ、つい食べすぎてしまうデメリットがあることも忘れてはいけません。

 

冷凍品は野菜が入っているメニューでも単体で栄養補給を行えるレベルではなく、カロリー的には食べすぎであるのに栄養不足になりやすい選択肢なんですよね。

冷凍庫で長期保存できることから、セールでまとめ買いをする家庭が多いですが、いつしか食卓が冷凍品だらけになってはいないかを改めて見直してみましょう。

 

宅配サービスを利用する5つのメリット

毎日の食事を宅配してくれるサービスがあるのはご存知でしょうか。

プロの工夫・コツに富んでいるサービスで近年、注目度が上がっているサービスです。

必要な時に必要な分だけ利用できるので、気になる方は、リーズナブルな料金のお試しコースを体験してみることをおすすめします。

syokujitakuhai-osusume

 

①コスト的に優れている

夕飯の用意時に宅配サービスを利用すると、他の方法よりも低コストになります。なぜなら、1人分の食費をスーパーやコンビニの弁当よりも安くできるからです。

 

食べ応えのあるメインのおかず1品と、メインを引き立てるサブのおかず1品または具たっぷりの汁物で、毎日の夫婦共働きの食卓を豊かにすることができます。

 

気になる宅配サービスの食費は、ご飯を別とした1人分で約700円一見すると高く思えますが、店舗で買えば確実に1,000円を超える十分満足できるボリューム。

食事の宅配サービス業者にもよりますが、会員登録の後にまとめ買いをすると10%OFFなど、コンビニやスーパーにはないメリットもあります。

 

②調理までの手間を省ける

宅配サービスで食事が手元に届いてから、調理開始までにかかる時間は、たったの3分。自宅で荷物を受け取ることができるので、夫婦共働きであれば休日にまとめて受け取るか、宅配BOXの利用をおすすめします。

 

食事の宅配サービスの利用方法は、両手をしっかりと洗ってから、冷蔵庫から食材と調味料一式を取り出し、同梱されている調理方法の説明書に従って調理するだけ。

夫婦共働き家庭における食事について、食材の調理にかかる時間やコストを気にする人はあまりいません。むしろ、毎日の食事のシーンで面倒に感じる原因の大半って実は、「献立を考えながら、スーパーで食材を吟味しながらの買い物」なのではないでしょうか。

 

「なんで、食事するだけなのに、こんなにストレスがたまるの?」

そんな疑問を持ったら、夫婦共働きの激務、残業でもすぐに調理に取り掛かれる食事の宅配サービスを試してみてはいかがでしょうか。

 

③調理の時間が短い

フルタイム労働でヘトヘトになった場合でも、料理完成まで平均30分の調理なら毎日続けられるのではないでしょうか。

 

冷凍タイプなら電子レンジで約5分、食材カット済みの半加工タイプでは約15分と、家庭の事情に応じたコースを選べるのが、食事の宅配サービスのメリットの1つ。

 

「料理の初心者が、無理なく完成させられること」

このキャッチフレーズを実現するために、食事の宅配サービスではベテランの料理人、各分野のプロが力を出し合ってメニューを開発しています。

 

料理を知らない人でも、必要な食材から調味料まで丸ごと用意してもらえるから、ほんとに楽に作れます。

短時間の調理ならば、作り置きを避けられるので、これまでにない充実した食生活を送れますよ。

 

④味が美味しくて献立が豊富

宅配サービスでは、有名な料理人が考案したメニューや、最新の家電の機能を活かした時短料理など、美味しい献立を日替わりで利用することができます。

中には、全国的に人気がある名店の味を再現した料理も入っているので、自宅で家族みんなが満足できる食卓にできます。

 

食事の宅配サービスは、和食・洋食・中華を一通りカバーしています。各業者ともに、あらかじめ、メニューを発表しており、詳細を確認した後に最小、1日1人分から買えるんですよ。

ネット通販と同じ感覚で必要な分だけ購入したら、宅配業者か専任の配達員が届けてくれる仕組みです。

 

1ヶ月ぐらい違う献立になっているため、飽きがこず、まるでシェフの出張サービス並みの凝った料理を毎日食べられるのはうれしいですね。

夕飯を作れない原因の1つである「献立」を料理のプロにお任せできるので、毎日の食事の準備が一気に簡単になります。

 

⑤栄養バランス抜群で健康的

経験豊富な栄養士が、子どもから大人にいたるまで、すべての年齢に対応し、それぞれ必要な栄養とカロリーを取れる献立を、一生懸命考えてくれています。

毎日セットで利用し続けることを前提にしているため、食事の宅配サービスだけでビタミンやミネラルまで補充できます。

 

もちろん、各献立では料理ごとの栄養とカロリー表示があり、ダイエット中でも計算しながら食べられるようになっています。

現役のプロが認めたメニューですから、食塩の分量やアレルギー表示についても配慮が行き届いているサービスなんです。

 

毎日しっかりと野菜を食べることは難しく、スーパーやコンビニに立ち寄るとどうしても肉や魚ばかり気にしてしまうのが常ではないでしょうか。

テレビ番組や料理本に踊らされるのではなく、本当の意味で家族のためになる食事選びができるのが、宅配サービスの強みです。

syokujitakuhai-osusume

 

夫婦仲までも良好にしてくれる宅配サービス

ここまでをまとめると、食事の宅配サービスを利用することによるメリットは、

・レトルトや冷凍よりも便利で栄養価が高い
・毎日の食事の準備が楽になる
・惣菜や弁当を上回る美味しさ

だけにはとどまりません。

 

宅配サービスを利用することは、あなたが気づいていない理想の家庭を築くことのお手伝いをしてくれるんです。

 

夫婦が2人とも仕事に集中できて、人事評価がアップ

宅配サービスを利用すると、食事の準備が1回15~30分で終わるから、夫婦それぞれ、食事の心配をする必要がなくなり、仕事に集中することができます。

夕飯を自動で用意してもらえるおかげで、残業や出張による食事の準備が遅れることを気にせずに、職場での評価を上げられるのです。

 

たまに夫婦で早く帰宅できる日には、特に何もせずにリラックスしながら語り合うこともできますよね。いちいち買い出しで時間を使わないから、平日の夜にも驚くほど余裕が生まれますよ。

夫婦関係を良好に保つために非常に効果的で、夫婦共働きの食事のストレスで喧嘩せずに済むから毎日、良い循環を生むことができます。

 

子どもに理想的な食事を与えられる

宅配サービスで提供している食事は、厚生労働省などの公的な機関が推奨する栄養素とほぼ同じですから、お子様を健康的に育てることができます。

フルタイム労働で疲弊している夫婦共働きの夫婦にもベストマッチで毎日、心身を癒してくれる料理が並ぶのです。

 

宅配サービスのみで体に優しい食事になるため、家族全員が健康に暮らせます。

 

仮に、我が家の味をお子様に覚えさせたいのならば、なにも毎日ではなくとも、連休などの時間がある日に定番の料理を作ることで十分ではないでしょうか。

夫婦共働きで無理に夕飯を作り置きするよりも、素直にプロの力を借りるのが得策だよね!と、宅配サービスを利用する家庭は年々増加傾向にあります。

 

結果的に家計に優しい

食事の宅配サービスは、余計な買い物を省けますから、リーズナブルです。

 

コンビニやスーパーに立ち寄れば、弁当1個や惣菜で600円、美味しそうなデザートを見つけて300円、ついでにお酒とつまみで400円と、だいたい1人分1,000円を超える会計になってしまいがち。

それに対して、宅配サービスは1人分1食平均700円(業者によっては、もっと安く済ませることも可能)で、小食の人なら分割して食べる選択肢もあります。

 

宅配サービスは、必要な時に必要な分だけ買えるため、家計的にムダのない夕飯の準備をすることができるんです。

 

美味しい食事で、食卓クォリティがアップ

プロが自信を持ってオススメしている食事は、それだけでストレスを吹き飛ばしてくれます。

美味しいからこそ、多くの人に利用されている食事の宅配サービスは、あなたと家族の人生を変えてくれるのです。

 

コンビニやスーパーの弁当、冷凍品に依存していると、知らず知らずのうちに気力と体力が萎えていきます。分刻みで動いている夫婦共働きの夕飯でこそ、食べるだけで笑顔になれる美味しさを追求してみてはいかがでしょうか。

お試しコースならば、通常価格の半分程度で食事をとることができますよ。

syokujitakuhai-osusume

まとめ

共働き夫婦にとって最も有効な食事の工夫・コツは、宅配サービスの利用です。

自宅に届いた食材一式を15~30分程度かけて調理することで、栄養満点の定食を並べられます。

コストパフォーマンスが高く、スーパーやコンビニで毎日、食事について悩むよりも、経済的・精神的に割安です。

 

以下、各宅配サービス業者をランキング形式で紹介していますので、ぜひご覧ください。

syokujitakuhai-osusume

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.