夫婦共働き家庭で妻が妊娠中、食事はどうしたらいい?

ninshin-syokuji

妻が妊娠中になった場合には、食事の準備は夫が行うしかありません。

妊婦さんは、出産の予定日が迫ってくるほど身動きできなくなるので、率先して動きましょう。

以下、妊婦に適した食事のとり方をご提案します。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

 

妊娠中は食事の用意まで手が回らない

お腹に赤ん坊を抱えている妊娠中は、複雑な行動ができなくなります。中期から後期では身体的に大きな負担がかかるため、とても食事の用意をしていられない状態です。

 

出産まで常にストレスがかかっている

妊婦に食事を用意してもらうことは、あまり得策とは言えません。なぜなら、常にストレスにさらされていて、イライラしやすい時期だからです。

 

「共働きで妻が産休に入ったから、妊婦だけど食事の用意ぐらいは任せていいだろう」

そのような甘い考え方では、家庭内において、禍根を残してしまう恐れがあります。

 

特に中期に入ると外見からも分かるほどお腹が膨らみ、それからは通常の性格とはかけ離れた言動になることも珍しくありません。

 

うどんやトマトだけ食べ続ける事例が多い

妻が妊娠中の食事は、原則的にパパが用意することになります。ちゃんとママと話し合って、本当に欲しいものを買ってくると好印象ですよ。

本格的に身重になると外出しにくくなるため、買い物はパパの担当、自宅に帰ってからもパパが可能な範囲で食事を用意する流れとなります。

その際に常備しておくと良いのがうどんやトマトで、ママが何か食べたくなった時に必要な分だけかじることが可能になります。冷たい茶碗蒸しや豆腐、プリンもおすすめですよ。

 

食事の内容で子供の発育が変わる

ママが妊娠中に食べるものは、そのまま赤ん坊の身体に影響を与えます。共働きの妊婦の食事はとても大切であることを自覚して、パパの立場で待望の我が子のために頑張りましょう。

 

妊婦が食べたものが子供の身体になる

現代の研究では、『脳などの臓器が作られる胎児期にどのような食物を摂取したのかで赤ん坊の発育が変わる』という説が有力です。

良質なタンパク質である肉や魚が大切とはいえ、生食にならないように細心の注意を払わなければいけません。妊娠中の食事だからとパパが張り切って調理する場合には、くれぐれも不十分な加熱に要注意です。

初めて料理にチャレンジする時には、あまり欲張らずに簡単なメニューから始めた方が上手にできますよ。

 

スーパーの買い物は奥が深い

「妊娠中のママのために食事の準備を」と考えてスーパーに来た時に、だいたいのパパは選択肢の多さに驚きます。献立を決めて、その食材と調味料をスーパーで探すだけでも、ひと苦労です。

忙しい中で頑張って食事の用意をしても、妊婦はつわりや倦怠感であまり食べられないケースがよくあります。

妊娠中の食事は、「気分が悪いなら、無理に食べなくてもいいよ」と相手を労わる気持ちが家庭円満のポイントです。

 

安全で美味しい食事の宅配サービス

産地にもこだわった厳選の食材で安心して食べられるのが、食事の宅配サービスです。ママが妊娠した時の食事として、料理を知らないパパでもすぐに準備できますよ。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

国産の食材を衛生的な環境で用意

食事の宅配サービスで用いられている食材は、原則的に国産です。多くの業者が有機栽培の野菜や、安全な処理が行われた魚や肉のみを扱っています。

産地で直接契約している農産物のおかげで、栄養たっぷりで安全な食事をとることができます。ブランド肉を使った料理、骨を適切に片付けた魚による食べやすい料理と、美味しさへのこだわりにもあふれています。

一部の食材は輸入品になっているものの、安全基準を満たしたものだけを採用しているので、妻が妊娠中の食事としてベストです。

 

共働きでも負担になりにくい簡単調理

料理について未経験のパパでも、食事の宅配サービスなら1回15分ぐらいで準備が完了します。

丁寧な手順書のおかげで、初心者が迷わずに完璧な状態でお皿に盛りつけられます。油で揚げることもあるため、自分が行える範囲でコースを選びましょう。

一番簡単な調理方法は冷凍品の解凍で、レトルトのように、湯煎か電子レンジで準備できます。

子供が生まれたら今度は食育が始まるので、奥さんが妊婦さんの時期の食事から少しずつ料理に慣れていくのも良い考えでしょう。

 

食べたい時に少しずつ食べられる環境

デリケートな妊娠中の食事は、「とにかく無理をしない」が合言葉です。出産に向けて緊張と疲労が高まっていく時期だけに、パパが空回りしないように気をつけましょう。

 

1食分から欲しいメニューだけ注文可能

妊婦の食事は、基本的にパパと同じものを用意するのが無難です。ママの食べたいものをヒアリングすしてこちらで注文するか、奥さんにメニューの確認をしてもらって、2人分の注文まで行ってもらいましょう。

体調不良でママがあまり食べられない時期に入ったら、単品で食べられて、長期保存が利く冷凍品で常備しておくことをおすすめします。

食事の宅配サービスは各メニューを1人前から注文できますが、不安になっているママを1人で放置せずに一緒に食事をすることがポイントです。

 

プロが対応する相談窓口へ直接相談

業者の相談窓口に電話をすると、オペレーターや栄養士と直接話せます。豊富なノウハウがある食事の宅配サービスは妊娠中の食事についても詳しく、とても心強いです。

担当医に、妊娠中の食事について意見を聞いておくと、より安心して利用できます。

ただし、あくまで、食事の宅配サービスの相談窓口は一般論で説明してくるため、他の家庭ではどうしているかといったことを聞いて、参考情報にするのが賢い使い方です。

 

まとめ

奥さんが妊娠した時は、パパになるあなたが宅配サービスで安全な食事を準備してあげましょう。

食事の宅配サービスは、母子の健康を守りながら美味しい食事にする点でとても優れた方法です。

短時間で簡単に調理できるため、あなたの負担も最小限に抑えられますよ。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.