夫婦共働き+子育て中、食事を作る時間がない!オススメの解決策は宅配サービス!

tomobataraki-kosodate-syokuji

子供を育てる時には、食事の用意もその成長段階に見合ったスタイルにすることを余儀なくされます。

生まれたばかりの乳幼児のうちはミルクやおっぱいで済みますが、だんだん子供が大きくなるにつれて、食事の準備をしなければならなくなります。

 

しかも、子供の健康を考えて、栄養バランスのとれた食事を用意しないといけないことに加えて、子供でも食べられる料理やサイズにするといった気配りも必要になってきます。

もちろん、これに加えて、夫婦が食べる食事の準備も必要です。。

 

夫婦共働きで、毎日仕事でヘトヘトになっている中で、そのようなことにまで気を遣うのは、なかなかにハード。。

食事をつくる時間すらないよ!というのが本音ではないでしょうか。

 

このように、夫婦共働きでなおかつ、まだ子供が小さく子育て中という場合、毎日の食事の用意は切迫した問題ですよね。

 

このような場合にオススメしたいのが食事宅配サービスなんです。

子供の年齢関係なく、食事宅配サービスは夫婦共働き家庭において救世主的存在。

 

以下、子供の成長時期ごとに、食事の準備における最適プランをご提案します。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

乳幼児から保育園までは利便性を優先

ママは乳幼児につきっきりになるので、夫婦の食事の準備まで手が回りません。

母子だけで長時間過ごすことになるので、ママのストレスがたまりやすいのがこの時期。これに加えて毎日の食事が適当だと、さらにストレスがたまってしまいます。。

ですから、できるだけ意識して、美味しい食事を用意するべき時期なんですよね。

 

夫婦の食事に手間をかけないようにするために

連日ひっきりなしに泣く赤ん坊は、原則的にママが対応するしかありません。そのため、夫婦の食事はパパの担当というのが理想。

赤ん坊への授乳に備えて、栄養バランスに優れている食事が必要になりますが、果たして、世の中のパパさんのどれだけが、健康面もしっかり考えた食事を用意できるでしょうか。

 

なかなか難しい問題ですよね。

パパの方も、仕事で毎日忙しく疲れていますから、毎日の食事にまで気を遣うことは難しいのではないでしょうか。

 

そこで、ひとつの選択肢として、食事の宅配サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

栄養士や、料理のプロが監修している健康的な食事が手元に届くので、重宝している家庭が近年増加しています。

 

ハイハイを覚えたらとにかく安全を重視

乳幼児がハイハイを覚えたら、家の中でいつどこにいてもおかしくない状態になります。目が離せないため、長時間の調理は、なかなかやりにくい環境になります。

夫婦共働きで子持ちの家庭のために、夕飯ありの保育園に預けても常に時間に追われるので、食事の宅配サービスでカット済みの食材による時短コースをおすすめします。

冷凍品の宅配サービスは調理が10分前後のため、夫婦共働きで保育園に子供がいても夕飯の時間をあまり気にする必要がなくなるのもメリットです。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

小学生の時期 段階的に子供にお手伝いしてもらう

夫婦共働きで一番辛い時期が、小学生ぐらいの子供がいる時期。まだ子供に全面的に頼るわけにはいかないので、やはり夫婦で協力し合うことがカギになります。

 

年齢に応じた食事の準備をしてもらおう

小学生は個人差が大きく、ご家庭によっては、低学年のうちから夫婦共働き家庭の夕飯の準備を手伝いたがります。夫婦共働き家庭では、食事面だけでも子供の協力があればかなり助かるので、少しずつ覚えさせていきたいところ。

最初は食器運び、次に食材を出してもらうなど、子供の年齢で達成できる内容にしておくと、良いコミュニケーションにもなります。

 

しかし、お子さんが中学受験をする場合は、子供もお受験でナーバスになっているので、食事は夫婦で準備するのがセオリーです。

その際、短時間でできる美味しい食事として、宅配サービスの利用を検討してみてもよいでしょう。

 

電子レンジの扱いまでにとどめるのが賢明

多少成長が早くても、小学生に任せられる作業はせいぜい電子レンジの操作までにしておいたほうがよいです。大人がそばにいる時には調理をさせられるものの、夫婦共働き家庭において、平日の夕飯の食事の準備をする時に、子供に教えている暇はありません。

夫婦共働きではどうしても子供だけで夕飯の時間を迎える日が出てくるので、宅配サービスで常に冷凍保存の弁当をストックしておくと便利です。

食事の宅配サービスの冷凍品は健康と美味しさにこだわった手作りおかずのため、安心して食べさせられると好評です。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

中学生~高校生の時期 食事当番に参加

中学生は、簡単な調理なら自分で行える年齢です。子供自身も友達との付き合いや部活で忙しくなる時期で、家族全員にとって宅配サービスのメリットが増加します。

 

子供の性格を考慮しながら食事当番へ

夫婦共働きで子供ありの家庭の場合、夕飯の準備が大変!となりがちですが、中学生の子供はもう家族の一員として行動できます。したがって、夫婦共働きの家庭の食事当番に組み入れて、夫婦の負担を減らすことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

ただし、この時期の子供は、親に対する反抗期に入るので、いかに上手く距離を取りつつ、協力関係を築くのかを考えなければいけません。

その点、宅配による食事のセットは、とても便利です。やるべきことを客観的に示せるので、夫婦共働きで子供に夕飯の準備を頼みやすくなります。

 

高校生では、可能な範囲で食事の用意

子供が高校に進学すると、夫婦共働き家庭での食事の用意に悩むことは少なくなります。なぜなら、子供の理解力とスキルがもう大人と同じで、ほぼ全ての調理を任せられるからです。

子供の反抗期が収まった上に高校受験が終わって万々歳と言いたいところでも、今度は大学受験という家族の将来を左右する一大イベントが待っています。

大学の学費や子供の一人暮らしの進学費用などを考慮しつつ、無理のない範囲で食事の宅配サービスを利用することで、限られた時間を有効活用しましょう。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

大学生は大人として扱い、食費をもらう

大学生にもなれば、もう成人で、夫婦共働きでも子育ての食事に悩まずに暮らせます。子供は、親とは全く違う生活パターンになるため、それぞれ別で夕飯の準備をすることがベターでしょう。

 

「家族がそれぞれで食事」のスタイルに変更

これまで面倒を見てきた子供でも、大学生にもなれば、もう自由に生活させてあげるはず。

夫婦共働きで大変だった子育ての実質的な終わりで、この時期になると自分たちの老後の生活を考える必要が出てきます。

高齢で、買い出しの重い荷物を運ぶのは大変ですから、自宅まで食材一式を届けてくれる食事の宅配サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

老後には、夫婦の健康問題が最重要課題になるでしょう。

この時期でも、安全で栄養たっぷりの宅配サービスを継続することをオススメします。夫婦共働きを解消しても、カロリー・糖質・塩分を計算したヘルシーな献立は大いに役立ちますよ。

 

食費を各自で出すことで無理のない生活

大学生は、アルバイトなどでもう自分でお金を稼げる年齢のため、たとえ、家族であっても食費を別々にすることが大切です。自分の世界を持っている子供を自由にさせることで、親と子供がお互いに尊重し合うことができるのです。

 

このように、食費を分ける際にも、人数に応じて注文できる食事の宅配サービスが適しています。

 

少人数での自炊はコストが高くなりやすいですから、割り切ってプロの食事宅配を利用するのがオススメ。

最後の加工を自分で行う手作りコースなら、シェフが手掛けるのと同じレベルの料理をお手軽に用意できますよ。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

まとめ

普通に暮らすだけでも大変な夫婦共働き家庭。

これに子育てが加わると、各家庭のニーズに合わせて利用できる食事の宅配サービスがオススメです。

乳幼児から大学生に至るまで、心身を健やかに育てるのにうってつけの献立を、豊富なメニューの中から選べます。食事を作る時間と手間を上手に節約して、家族の笑顔を守りましょう。

tanshinhunin-syokujitakuhai-osusume

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.